はげ防止・予防のために効果的なシャンプー方法

はげ防止・予防のために効果的なシャンプー方法

頭皮を清潔に保つためには、シャンプーによる洗髪は欠かせません。
しかし過度に洗髪しすぎると、かえって抜け毛が増えてしまい、最悪の場合ははげてしまうことも。
そこで、はげを防止、もしくは予防するために効果的なシャンプー方法についてまとめていきたいと思います。

 

ハゲ防止・予防に効果的なシャンプー方法とは?

必要なシャンプーの回数は、何回かご存じですか?普通に清潔にしたいのであれば、1日1回で十分と言われています。それ以上行っても、頭皮の清潔さという点では大差ありません。また、かえって頭皮を刺激してしまうため、はげが進行してしまう可能性もあります。
その1回のシャンプーも、できるだけ頭皮に刺激を与えてしまうと、やはりハゲ予防どころか、かえって進行させてしまうことにつながります。

 

頭皮を刺激しない洗い方とは?

まずは、使っているシャンプーを見直してみてください。
普通に市販されているシャンプーは、実は洗浄力が強すぎるのです。洗浄力がありすぎるが故に、本来必要な皮脂まで流してしまうため、かえって皮脂の分泌を促し、以前より皮脂でベタつくことにつながります。
洗髪に関する注意点としては、シャンプーを手にとっていきなり洗い始めてはいけません。最初に軽くブラシでとくことで、余分な皮脂などを浮き上がってくるので、洗髪が楽になります。
その次に、シャワーを使って軽く前流しを行います。目安としては3〜4分程度。ブラッシングで浮き上がったフケや余分な皮脂などを落とします。満遍なく前流しを行うことで、汚れの7割くらいは落ちます。
ここから、ようやくシャンプーを使って洗髪します。
手の中で、ある程度泡立ててから髪につけるのがコツで、髪の毛全体に行き渡るようにもみ洗いするのがコツです。
よくやってしまいがちなのが、頭皮に爪を立ててしまうことです。爪を立ててしまうと、頭皮を傷つけてしまうので、両手の手のひらで優しく全体をマッサージするように洗うのがコツです。
最後に後洗いを行うのですが、これについては5分以上時間をかけて下さい。ここで洗い流しが不足してしまうと、シャンプーの成分が頭皮に残ってしまいます。成分が残ることで痒みにつながるとともに、頭皮の傷みの原因になります。
水分を切って、トリートメントをつけて、成分が染みこんだら、再度5分以上かけて洗い流して下さい。乾燥させる時は、タオルで水分を拭きとってから、ある程度乾いた状態でドライヤーを使って下さい。